HOME >

Welcome to Our Website

    三田証券のホームページにようこそ。
    三田証券は、創業来、お客様本位の営業を継続し、多くの実績と経験を有しています。三田証券の4つの特長をご紹介致します。


    1.13期連続で黒字を継続しています〜健全な財務内容・収益体質は、お客様本位の営業をするための前提だと我々は考えます。 詳しくはこちらをご覧ください。

    2.ウェルス・マネジメント業務、投資銀行業務、ディーリング業務を3つの核として事業を分散させ、業績の安定を図っています。 詳しくはこちらをご覧ください。

    3.お客様のニーズを充たすため、革新的な商品・サービスを継続的に産み出しています。 詳しくはこちらをご覧ください。

    4.幅広い分野のプロを雇用し、お客様のご要望にワンストップでお応えするように、その知識や経験を結集します。 詳しくはこちらをご覧ください。

    私たちを頼ってくださるお客様のために、これからも全力を尽くしてまいります。末永く三田証券をご愛顧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


    What's New

    • 廣済堂(7868)株式にかかる委託注文の当社取次ぎについて。詳しくはこちらをご確認ください。(16.9.29)
    • Macroeconomics Reportを掲載しました。(16.9.27)
      主要資産の収益率とリスク-米国ストリップス債との比較-(pdf)
    • 「EU統合の歴史と欧州経済」−超国家による国家抱合の試みー
      第6回:通貨ユーロ信認の仕組み(3)− 欧州安定メカニズム(ESM)(pdf)を掲載しました。(16.9.26)
    • 当社では、外債担保ローンのサービス開始に伴い、9/5〜11/30の期間限定で「外債 買付・口座移管キャンペーン」を行います。
      キャンペーン期間中に新規現金での外債の御買付、または他証券からの口座移管をして頂いた方、先着100名様に、最大3万円の現金をプレゼント致します。詳しくはこちらをご確認ください。(16.9.16)
    • 当社では、認知症、緊急入院等、お客様が「もしも」の事態に陥った場合でも、予め指定しておいた代理人がお客様の口座に一定の権限を持ち、お客様の口座に指示を行えるようになりました。「「もしも」の備えあんしん証券口座」は利用料無料です。詳しくはこちらから。(16.9.15)
    • 当社は外債担保ローン業務を開始しました。お客様がご投資されている外債を担保に円建てのご融資を致します。詳しくはこちらをご覧ください。(16.9.5)
    • 当社は、山陽電子工業株式会社によるイーター電機工業株式会社の普通株式に対する公開買付けに係る公開買付代理人業務を受任しました。本公開買付けに応募をご希望の株主様は、こちらをご確認ください。(16.8.31)
    • 当社は、アンジェス MG株式会社(マザーズ:4563)が発行した第28回新株予約権の引受けを行いました。(16.8.22)
    • 当社では、アメリカの不動産を担保とした融資業務を行っております。詳細はこちらから。(16.8.18)
    • 定時株主総会において、デービッド・アトキンソン氏が社外取締役に就任しました。(16.6.17)
    • 当社は、アンジェス MG株式会社(マザーズ:4563)が発行した第27回新株予約権の引受けを行いました。(16.4.11)
    • 当社は、株式会社メガネスーパー(JASDAQ:3318)が第三者割当により発行した第12回新株予約権の引受けを行いました。(16.3.31)
    • 当社は、医療機関様及び介護事業者様向けに資金支援を行っております。 詳しくはこちらから。 (15.11.13)
    • 当社は、コミットメント型ライツ・オファリングの取り扱いを開始しました。 詳しくはこちらから。 (15.2.2)
    • 当社は、シンガポールに支店を開設しました。(14.12.22)

    Information

    • 保証金代用有価証券不適格銘柄を更新しました。詳しくはこちらをご覧下さい。(16.9.27)
    • 2015年度 Annual Reportが完成しました。
      Annual Report(pdf)(日本語)  (16.7.12)
    • 信用取引金利を変更いたします。詳しくはこちらをご覧下さい。(16.3.9)
    • 不公正取引行為の禁止について
      金融商品取引法では、金融商品取引市場の公正・公平を確立し、信頼性を確保する目的から、不公正取引行為やインサイダー取引等を禁止しています。
      日本取引所自主規制法人「不公正取引の未然防止に向けて」をご覧ください。(15.5.1)

▲ページトップへ▲