HOME > Wealth Management > 投資信託
contactus お問い合わせ

Download

信用取引規制

投資家の皆様へ

Wealth Management

投資信託

投資信託(公募)

様々な国、地域、業種、セクター、通貨へのご投資ニーズに応えるため、複数の投資信託会社の幅広い商品ラインナップをご用意しております。系列に左右されず客観的な立場から商品のご提案を致します。投信という形式でしか現状買うことができない投資対象の商品や、マーケットにおいて目新しい商品を積極的に取り入れ、提案を行っていきます。

当社の公募投信の商品ラインナップはこちら
「毎月分配型」及び「通貨選択型」投資信託に関するご留意事項はこちら

投資信託(私募)

ユニークで魅力的なヘッジ・ファンドを随時導入しております。ヘッジ・ファンドは伝統的金融資産にパフォーマンスが連動しないオルタナティブ型商品が多いため、お客様のアセット・アロケーションを考える上で、是非組み入れて頂きたい投資商品です。原則、法人・個人富裕層のお客様にのみ商品提供しております。
当社の主な私募投信の導入実績等、ご質問は直接担当者までお願い致します。

<ヘッジ・ファンドとは>
ヘッジ・ファンドとは、米国で生まれた投資信託の一種です。一般的な投資信託は、市場のリスクを負いながら市場平均に打ち勝つ(相対リターン)ことを目標にしますが、ヘッジ・ファンドは市場リスクをヘッジしつつ絶対リターンを追求する投資信託であることから、ヘッジ(する)ファンドと命名されました。さまざまな投資対象に独自の手法を用いた特別な運用を展開するため、対象投資家を限定する必要から、多くは私募形式で発行されます。
投資対象には、株式、債券、為替等の従来型資産だけでなく、デリバティブ、不動産、未公開株、不良債権等の資産まで多岐にわたります。投資手法も、ヘッジを効かせた運用からレバレッジを効かせた運用まで様々です。ヘッジ・ファンドの他、非伝統的資産への投資を加えた運用法をオルタナティブ投資と総称します。 ヘッジ・ファンドを日本国内で設定するケースも出てきましたが、多くは様々な国と地域の投資家を対象とすることから、その利便性を踏まえ海外のタックス・ヘイブンに設立されています。
ヘッジ・ファンドはファンド・マネージャーの能力に大きく依存するため、投資対象や投資手法を十分に見極める必要があります。また、開示される情報が限定的な点も考慮する必要があります。
当社では、お客様に私募形式でヘッジ・ファンドのご提供をしております。

<オルタナティブ投資の魅力>
株式、債券、為替等「従来型資産」は、資産価値が株式市場、金利情勢、為替レート等に連動します。一方で、「オルタナティブ資産」とは、それらのマーケットに連動しない資産を言い、例えば、ヘッジ・ファンドや不動産、未公開株の他、不良債権等もオルタナティブ資産と言えるでしょう。市況に関わらずプラス収益が安定的に期待できる、長期的な運用で市場をはるかにしのぐリターンを狙える、といったオルタナティブ投資の収益特性は、投資に新たな可能性を加えます。投資家にとっては、資産の一部をオルタナティブ投資にまわすことで、魅力的なリターン追求の恩恵とともに、長期的にポートフォリオ(金融資産)のリスクを抑えながらリターンを改善する、より高度な分散投資効果が期待できます。

投資信託(ファンド)担保ローン

三田証券では、当社に保護預かりしている投資信託を担保にご融資をするサービスを行っております。投資信託に投資をしながら、資金調達を機動的に行うことができる画期的なサービスです。資金使途は原則問いません。くわしくは、こちらから。

▲ページトップへ▲