Member社員を知る

活躍する社員の声

投資銀行本部
マネージャー

浜崎高史

2011年入社

入社のきっかけについて教えてください

私は大学卒業後、金融関連の仕事をしておりましたが、会社によって決められた商品を、一定の顧客のみを相手として、会社によって決められた手順に従い提供する業務が大半を占めておりました。そのような中で、個人としての仕事の裁量やアイデアの発信の余地は少なく、現在の仕事を続けても、社外でも通用する能力を得るのは難しいと考えるようになっていました。
そんな中、金融知識のみならず、財務会計、法務、ファイナンスといった総合的な知識が必要とされ、それらを活用した業務に関わることのできる投資銀行業務という仕事に興味を持ったのがきっかけです。

現在の仕事内容について教えてください

投資銀行本部において、各種ローン商品のアレンジや、金融(主にファイナンス)取引にかかるアドバイスの提供を行っております。具体的な内容としては、株式や不動産を担保としたローンの審査及び実行、上場企業による資金調達の支援、公開買付けにおけるアドバイザリーや代理人業務、ファンドの組成や管理業務が挙げられます。
当社は証券会社でありながら、貸金業務(ローン)の免許も保有するため、総合的なインフラを活用し、顧客のニーズに幅広く対応のできるオーダーメイドの商品やサービスを提供することが可能であることが特徴です。

この仕事のやりがいについて教えてください

投資銀行業務においては、金融知識のみならず、関連する財務や法務等、総合的な知識が必要となるため、関連知識の取得のための勉強や、日々の情報アップデートが求められます。
また、案件の遂行においては、顧客のみならず、社内の関係部門(証券管理や財務、法務部門)及び外部機関(弁護士や規制当局等)と円滑な調整を行うための、コミュニケーション能力も必要となります。
業務の中で、自身の知識を総合的に活用し、顧客及び関係者との調整をしつつ、無事に案件をクロージングできた時にはとてもやりがいを感じます。