Member社員を知る

活躍する社員の声

投資銀行本部
マネージャー

広江信吾

2010年入社

入社のきっかけ

新卒で、主に証券化ビジネスを展開する事業会社に入社しました。入社当時から証券化のアレンジ業務に務めていましたが、入社2年目以降リーマンショックと重なったこともあり、新規ビジネスが制限される環境下におかれてしまいました。そのような中、転職エージェントより、音楽公演やプロレス興業の証券化ビジネスに力を入れている当社を紹介していだいたのが三田証券を知ったきっかけです。当時のチームメンバーと多数の面接を重ねる中で、証券化ビジネスに限らず、当社投資銀行部門の成長性を強く確信し、自身にとってより高度な経験を積めるのではないかと考えるようになり入社を決断しました

現在の仕事内容

当社の投資銀行部門の業務は、主に事業法人や個人の方に対する資金支援(当社から見た場合は投資又は融資に相当)、事業会社のM&Aや財務戦略に係るアドバイス、の2つに大別されます。大手の投資銀行とは異なり、少数かつフラットな組織であるため、案件のソーシングからエグゼキューションまで自身で一通り担当します。具体的には、案件獲得のための事前調査(法務、財務、税務、業界等)から、プレゼンテーション資料の作成、案件実行のための各種書類の作成等までを行います。何れも社内や社外にいる専門家と密にコミュニケーションをとりながら進めていきますが、足を使って生きた情報を収集することが肝要です。そのため、国内、国外を問わず出張が多くございます。

この仕事のやりがいについて教えてください。

取り組んできた案件が成就し、案件がマスコミ等に取り上げられたときは大きな達成感を感じます。案件の成就に至るまでには、お客様や専門家の方々はもちろんのこと、社内の様々な部署と幾多のコミュニケーションを重ねており、その積み重ねの結果が自身の成長に繋がるため、高いモチベーションをもって仕事に取組む環境が当社にはございます。
他方で、当社の提案が受け入れられ、お客様から感謝の言葉を頂いたときが一番嬉しい瞬間でもございます。案件の成約後、宴席の場を設けて頂くことがございますが、国内外の出張地でお客様とその地域の名産物を堪能させて頂くことも楽しみの一つです。余談になりますが、東南アジアのローカルフードでお腹を壊したのも良い思い出です(笑)