About三田証券を知る

歴史と実績

当社は、1949年に創業し、1968年に証券業の免許を取得(1998年に登録制に移行したため同年に証券業登録)。株の取次を中心に業務を行ってきました。
しかし、1999年に行われた株の委託手数料の完全自由化が当社の主力業務に大きな打撃を与えたため、そこからビジネス・モデルの大転換を図りました。
2003年には、東京証券取引所の参加権を取得し、ディーリング業務を開始します。証券担保ローンや診療報酬債権等の買取業務(ファクタリング業務)にも参入しています。
2005年には、大阪支店を開設。

2006年には、ヘッジ・ファンドの私募の取扱を開始し、マーケット・ニュートラル戦略のファンドを投資家に提供しました。当社の自己売買でも、同様の戦略に基づく運用を開始しています。(撤退済)

2007年に、大阪証券取引所の特定正会員に加入。TOB代理人業務にも参入しました。同業務の受任件数は18件で、全証券会社中件数ベースで6位の受任実績となっています。(2007年12月~2017年3月)
2010年には、ユニマット証券を買収し、FX事業を引き継ぎました。(撤退済)
2011年には、宅建業の免許を取得し、不動産業務に進出しています。
2012年に開始したライツ・オファリングのアドバイザリー業務では、12件の実績を残し、2017年3月末現在、日本でトップの助言実績を保持しています。
2014年には不動産特定共同事業法の認可を取得し、不動産ファンドの組成を行っています。京町家の改修事業のファンド化で実績を残しました。また、初の海外拠点となるシンガポール支店を開設しています。
他にも、M&A、各種コンサル、ワラントの買受け、各種証券化で数多くの実績を残しています。

純資産の推移

純資産の推移