HOME > 投資銀行・貸金業 > 医療機関の資金調達 > お取引例
contactus お問い合わせ

Download

信用取引規制

投資家の皆様へ

医療機関の資金調達

お取引例

下記イメージ図は、月々の診療報酬等請求額が100の医療福祉機関様に対して、ファクタリング(請求分及び未請求分)及び融資の送金を初月の中旬頃に実行した場合のシュミレーションです。また、下記イメージ図は、診療報酬等請求額に対して掛目を95%と仮定し、初月以降の送金については、各月の下旬頃に1回行った場合を想定しておりますが、実際のお取引では状況に応じて未請求の診療報酬債権を各月の中旬頃にも送金する事が可能です。

※1 ファクタリング(請求分及び未請求分)のお支払額は、診療報酬債権の金額に掛目を乗じた金額から事務手数料を控除した金額となります。
※2 支払担当機関より入金された金額からファクタリング(請求分及び未請求分)にてお支払いした金額を控除した金額が残余分となります。

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

実行までのフロー

▲ページトップへ▲