HOME > 投資銀行・貸金業 > 有価証券担保ローン > 担保不足発生時の対応
contactus お問い合わせ

Download

信用取引規制

投資家の皆様へ

有価証券担保ローン

担保不足発生時の対応

前項のお取引例の場合、担保不足が発生した場合のご対応は以下の【アラート1】【アラート2】の設定となっております。

担保不足時の対応例(アラート1)

お取引開始後、日々の最終価格を用いた計算にて、融資割合(貸付残高÷担保時価×100)が担保掛目である70%超となり、担保不足となった場合は、Eメールでの通知、もしくはお電話にてご連絡いたしますので、発生日から起算して5営業日目の15:00までにご融資金の『一部返済』または『追加担保』により融資割合を70%以下まで改善していただきます。

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

計算方法

融資割合 貸付残高 ÷ 担保時価×100
  10,000,000円÷14,000,000円×100=71.4%
不足金 貸付残高-(担保時価×担保掛目)
  10,000,000円-(14,000,000円×70%)=200,000円

よって発生日から起算して5営業日目の15:00までに200,000円以上「ご返済」もしくは「追加担保」により融資割合を70%以下まで改善していただきます。

担保不足時の対応例(アラート2)

お取引開始後、日々の最終価格を用いた計算にて、融資割合が最終担保維持率である80%以上となり、担保不足となった場合は、Eメールでの通知、もしくはお電話にてご連絡いたしますので、 80%以上の不足金に関しては発生日の翌日営業日15:00までに、ご融資金の『一部返済』または『追加担保』により80%未満に改善していただきます。また、70%以上80%未満の不足金は、発生日から起算して5営業日目の15:00までにご融資額の『一部返済』または『追加担保』により融資割合を70%以下まで改善していただきます。

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

※1. 80%超の不足金額・・・【40万円超】⇒発生した翌日15:00までに40万円超を「ご返済」もしくは「追加担保」
※2. 70%~80%未満の不足金額・・【160万円-※1の金額】⇒発生日から起算して5営業日目の15:00までに「ご返済」もしくは「追加担保」

計算方法

融資割合 貸付残高 ÷ 担保時価×100
  10,000,000円÷12,000,000円×100=83.3%
不足金額 貸付残高-(担保時価×担保掛目)
  10,000,000円-(12,000,000円×70%)=1,600,000円
・80%を超える不足金
不足金額-(貸付残高-担保時価×80%)
10,000,000円-12,000,000円×80%=400,000円

よって翌営業日15:00までに400,001円以上の「ご返済」もしくは「追加担保」により融資割合を80%未満まで改善していただきます。

・70%~80%の不足金
不足金額-80%を超える不足金
1,600,000円-400,001円=1,199,999円

よって発生した日の翌営業日から起算して4営業日後の15:00までに1,199,999円以上の「ご返済」もしくは「追加担保」により融資割合を70%以下まで改善していただきます。

ご注意

▲ページトップへ▲